2019年 11月〜12月


 12/1/2019
“ザ・リポート”

“The Looming Tower 倒壊する巨塔” に続く強烈な一本。
何年か前、 あの同時多発テロ後にCIAが捕虜にしたアルカイダ幹部たちに拷問を繰り返した、 というニュースが流れた。 そのことが報道されるまでにこんなドラマがあったとは。
この映画の主役である合衆国上院職員のダン・ジョーンズの前に次々と立ちはだかるCIAの壁。 職業的良心を貫く彼を演じるアダム・ダライバーも素晴らしい。 時を忘れて鑑賞。








 11/29/2019

MAGIC 30th anniversary tour  “ROCK’A BEAT” 金沢公演
12月15日(日)
Open 16:00 Start 17:00
料金:6,500円(税込) +ドリンク代 500円
会場:EIGHT HALL
住所:〒920-0981 石川県金沢市片町1-6-10 ブラザービル2F
問合せ先:FOB金沢  TEL: 076-232-2424
主催:FOB金沢








 11/28/2019
“トップリーグ”

ここんとこ全然面白くなかったWOWOWオリジナルドラマだけど、 これは良かった、 久し振りに。
テーマとなる実際の事件を彷彿させる疑獄事件、 メディアと政治家のつながり、 表も裏も知り尽くした政治情報フィクサー、 一筋縄ではいかないストーリー。 楽しく鑑賞できた。


“ダーククライム”

実際の事件を思わせると言えば、 ちょっとクセのある刑事役をあのジム・キャリーが演じたこの映画も。 彼が事件を追ううちに倒錯した異様な世界を垣間見る。 少し前にあった 「エプスタイン事件」 を思い出す。 ラストが衝撃、 というか 「ああ」、 と。








 11/25/2019
週末東京。

新幹線から見る北アルプスの紅葉が綺麗。





限定10枚、 我が家へ。


あいにく雨のSHIBUYA SKY


でも、 SHIBUYA SCRAMBLE SQUUAREで美味しいスイーツを。





ECHIREのフィナンシェとカヌレはヨソのそれとは全然別格、 さすが。
楽しく美味しい週末。








 11/21/2019
“オーレンズ”  8巻  カズ・ヤンセ画

続けられることがスゴイ。 もう完全に一人前の漫画家、 ぼくらの 「頑張れ」 なんて必要無くなっちゃったな。
責任と自覚を忘れず。 お互い、切磋琢磨しましょう。








 11/19/2019
“ビッグ・リトル・ライズ” Season 2

シーズン1に続き、 最高に面白かった。 海辺の家、 風景、 BGM、 場面の展開、 そしてストーリー。 全てが良い。 前作からの女優陣はもちろん、 今作のメリル・ストリーブのヤなババアさぶりが秀逸。 まさに最高の引き立て役。 一気観必至。


“ザ・ランドロマット 〜 パナマ文書流出”

メリル・ストリーブといえばこの映画も良かった。 本当に多才な演技力。
そんな彼女がG・オールドマンとA・バンデラスという大物2人とともに、 監督するのがソダーバーグ。 パナマの法律事務所、 「モサック・フォンセカ」から流出した文書が発端のこの事件。 あ、 そんなことがきっかけでこの事件は明るみになったんだ、 と。








 11/17/2019
昨日は1週間遅れでぼくの誕生日祝いにと、 子供たちが 有牛に招待してくれました。

席に着くや否やこれが運ばれてきた。 肉のオーダーもまだしてないのにもうケーキ? と思いきや。 お肉で作ったそれでした。 文字もカルビ(笑)。






さすが評判店だけあり、 どれもこれも最高に美味しかった。 みんな、 どうもありがとう。








 11/14/2019
“不自然淘汰 : ゲノム編集がもたらす未来”

これは重い、 重いドキュメンタリー。
「バイオハッカー」 「CRISPR」 「遺伝子ドライブ」 等々、 普段馴染みの無い言葉が観進むにつれ重くのしかかる。
人の、 動物の、 虫の遺伝子を操作する。 ひとえに人間のために。 小さな子の重い障害の治療をする、 ある部族に蔓延する病を撲滅する。 そんなの見ると、 すごく良かったな、 嬉しいだろうなと心から思う。
ただ、 それと引き換えに子孫に影響するかもしれない遺伝子操作や種の改変、 虫や有害動物の駆除による食物連鎖の輪を断ち切って良いのか。
昔、 テレビのマンガで観た話を思い出した。 ある日地上に現れた全能の神が言う、 「地球上に必要のない生物を無くしてやろう。 1週間後に返事を聞きにくる」と。
世界各国で会議が開かれ、 やれ 「ネズミだ」 「ゴキブリだ」 と大騒ぎに。
そして1週間後のその日、 地上から消えたのは人類だった、 と。 細かいところは憶えてないけど大体こんな話。
簡易キットで簡単に遺伝子操作ができる時代。 でもそんな大それたことを確かな倫理観も無しに行う、 いつか全能の神が現れるんじゃないかと心配になる。








 11/11/2019
昨晩は富山でMAGICの 30th anniversary tour “ROCK’A BEAT” が。
ライブのノリ、 演奏、 全てがメチャクチャ良かった。 メンバーも何だろう、 若い頃と違うカッコよさを醸し出していたように思う。 歳を重ねたことによる良い意味の余裕というか。
ライブ中は例によって撮影禁止とのことで写真は無し。

で、 打ち上げ。

久し振りに揃ったメンバーと楽しい酒を飲み、 色んな話で盛り上がった。
思えば正に30年前の1989年11月、 デビュー前のMAGICに金沢に来てもらったんだ。 ライブ後、 クリームソーダ音楽出版社長だった今は亡き本多さん、 メンバーとぼくの計7人で片町の居酒屋で小じんまりと打ち上げをやったな。 あれから色んなことがあったけど、 本多さん以外、 皆んな元気でいるのが何より、 修さん含め(笑)。

打ち上げの居酒屋 銀泉の主人、 アツシのご厚意で年1でしか手に入らない日本酒、 勝駒特吟を。

メッチャ旨かった。 谷田部もゴキゲン。 アツシ、 どうもありがとう。


さあ、 来月は金沢。

MAGIC 30th anniversary tour  “ROCK’A BEAT” 金沢公演
12月15日(日)
Open 16:00 Start 17:00
料金:6,500円(税込) +ドリンク代 500円
会場:EIGHT HALL
住所:〒920-0981 石川県金沢市片町1-6-10 ブラザービル2F
問合せ先:FOB金沢  TEL: 076-232-2424
主催:FOB金沢








 11/8/2019
MAGIC 30th anniversary tour “ROCK’A BEAT”  富山公演

11月10日(日)
会場:富山 MAIRO
住所:〒930-0003 富山県富山市桜町2-2-1 21ビル 5F
TEL:076-445-1181
Open 16:00  Start 17:00
料金:6,500円(税込) +ドリンク代 500円
問合せ先:FOB金沢 :TEL: 076-232-2424
チケットぴあ: Pコード:150-115 TEL 0570-02-9999
ローソンチケット:Lコード:55301 TEL 0570-084-005
主催:FOB金沢

バンドメンバー、 そして富山の皆さんに会うのが楽しみ。 楽しい一夜にしましょう。








 11/7/2019
“会社蘇生”  高杉良著

ここ何年かの高杉氏の著作はどうにもいただけないけど、 全盛期の頃に書かれたものは面白い。 そういう面白い経済小説を読むと、 自分に課せられた使命、 職業的良心等、 忘れてはいけない大切なことを再確認させてくれる。 まだまだ発展途上。








 11/4/2019
楽しみ。

“テッド・バンディ”


これも。

“アイリッシュマン”
ジミー・ホッファの失踪をスコセッシはどう扱うのか。 もうすぐ。








 11/2/2019
バディ・ホリーのRock Around With Ollie Vee、

多分、 大概のベスト盤なんかに入ってるのはこのヴァージョンが多いんじゃないかと思う。 初期R&Rの荒々しさ、 情感たっぷりのボーカルとシンプルな演奏。

でもぼくはこっちのヴァージョンが好き。

Grady Martinのギターをはじめスタジオミュージシャンをバックに、 乾いたドラム音、 流れるようなギターソロ、 ドキリとするサックス、 もうひとつのヴァージョンと比べると淡々としたカントリータッチなボーカル。 このテイクにも初期ロカビリーのカッコ良さが詰まってる。